温タオルで目の疲れを取る

温タオルで目の疲れを取る

長時間のパソコン作業などで目が疲れた時は、無理をすると視力の低下などが心配です。そんな時はこんな方法で、疲れ目を解消することができます。

お風呂に入った時に、少し熱めのお湯でタオルを濡らし、適度に絞ったら、それを長方形にまとめ、両目にかぶせて下さい。軽く目の周りを手で押さえながら、深呼吸をしていきます。熱いタオルが目の血行を良くし、深呼吸をすることで多くの酸素が体内に入ってきます。

それをしばらく続けタオルがぬるくなってきたら、今度はタオルを冷水に浸し、同じやり方で目に当てます。このようにして温める→冷やすという行為を何回か続けて下さい。非常に気持ちよくて、目もリラックスできます。視界が良好になり、視力が回復したかのような気分になりますよ。

なお、目の周囲を温めると、涙腺やマイボーム腺を刺激することになり、ドライアイの改善にも効果が期待できます。

その他には、シャワーを目に浴びせるのも効果的です。適度な温度と程よい水圧が目をリフレッシュしてくれます。

タグ