メガネの選び方 (4)

メガネの選び方 (4)

眼鏡を選ぶ際に気になるのが、フレームとレンズ。レンズの材質とフレームについて紹介します。メガネの選び方の参考にしてみて下さい。

眼鏡のレンズには、プラスチックとガラスがあります。それぞれ以下のようなメリット、デメリットがあります。

<<プラスチックレンズ>>

【メリット】
・材質が軽く、扱いやすい
・壊れにくい
・色をつけることが出来る

【デメリット】
・表面に傷がつきやすい
・屈折率が低いので、強い度を出すとレンズが厚くなる

<<ガラスレンズ>>

【メリット】
・屈折率が高いので、レンズが薄く済む
・光の透過性に優れていて、レンズを通してみた時の違和感が少ない
・熱に強い

【デメリット】
・プラスチックレンズに比べて重いので疲れやすい
・壊れやすい

それぞれメリット、デメリットがありますが、扱いやすさからプラスチックレンズが広く利用されています。レンズの厚さも、薄型レンズを使用すればにそれほど気にならないでしょう。


フレームには、レンズの周囲をフレームが囲んでいる「フルリム」、レンズの上半分または下半分をフレームが囲んでいる「ハーフリム」、フレームが全くない「リムレス」があります。

この辺りのデザインは好みで選んでよいでしょう。ただ、リムレスタイプはフレームがないので、他のタイプに比べて壊れやすい傾向にあります。取り扱いには気をつけましょう。


その他、眼鏡のフィッティングも重要な要素の一つです。耳のかけ具合、鼻のはまり具合など、気になるようであれば遠慮なく調整してもらいましょう。合わないフィッティングでメガネを使っていると、疲れ目の原因になります。

タグ