レーシック の 手術方法

レーシック の 手術方法

視力回復の有力な手段であるレーシックの手術方法には、ケラトーム、イントラレーシックなど、いくつかの方法があります。自分に合ったレーシックの手術を見つけてみましょう。

『ケラトーム』

通常、レーシックといえばこれを指します。
マイクロケラトームという電動カンナのような機材を使いフラップ(角膜の蓋)を作り、レーザーで角膜を削った後、フラップを元に戻します。


『イントラレーシック』

ケラトームに代わって現在主流になりつつあります。
イントラレーシックは、ケラトームに比べて、フラップの作り方に特徴があり、マイクロケラトームは使わずに、イントラレースFSレーザーを使用し、フラップを形成していきます。
この際もコンピューター制御で綿密に行われるため、安全性が高く、ケラトームに比べて精巧なフラップを作ることが可能と言われています。手術後も定着しやすく、より綺麗な仕上がりが期待できます。


『ウェーブフロント』

ウェーブフロントアナライザーという機器を用いて、角膜や水晶体の状態を検査・解析、そのデータに基づいてレーシック手術を行っていきます。収差を矯正することで、より綿密なレーシック手術を可能にします。乱視に有効とも言われていますが、ケースによるようです。検査以外の手術方法については、ケラトームやイントラレーシックと相違ありません。
ちなみに収差とは、レンズによって像ができるときに発生する色づきや、像にボケやゆがみを生じることを指します。

タグ