レーシック とは

レーシック とは

レーシック とは、目の表面の 角膜 に レーザー を照射して、 角膜 を削ることにより 視力 を 矯正 する手術です。視力回復の有用な手段の一つです。

レーシックは、近視、遠視、乱視を矯正することのできる眼の手術。

レーザーにより、角膜の表面を薄くスライスしてめくり、露わになった角膜の実質層にエキシマレーザーを照射して、角膜を削ります。その後、スライスしたフラップを元に戻し、接着して完了です。時間にして15分くらいになります。

角膜を削ることで中央部が薄くなり、近視が矯正されます。

角膜を直接矯正するので、メガネやコンタクトが不要になります。煩わしい眼鏡やコンタクトからサヨナラできるのは、何事にも代え難い利点でしょう。

その反面、金銭面でかなり高くついてしまうことと、手術によるリスクは否めません。

レーシック手術を受ける際は、メリット、デメリットを総合して判断する必要があるといえます。

タグ