レーシックを受けた有名人

レーシックを受けた有名人

視力回復手術として、有用な手段の一つとなっているレーシック。レーシックには様々な不安がつきものですが、レーシックの手術を受けた有名人は数多くいます。

【芸能人】
小池徹平・東原亜希・優木まおみ・小椋ケンイチ・やしきたかじん・ラサール石井・大島美幸・山里亮太・八神蓮・近藤春菜・坂下千里子・陣内智則

【スポーツ選手】
タイガーウッズ・松坂大輔・一場靖弘・稲葉篤紀・岩村明憲・黒田博樹・松井稼頭央・高橋尚成


レーシックは100%安全だと断言できるわけではなく、10年後、20年後、30年後、どうなっているかはまだはっきりとしたことは言えないのが現状です。

それでも、レーシックのメリットは裸眼で快適な視力が得られること。

芸能人の方で数多くの人が受けているのは、激務を快適に過ごすため、少しでも煩わしいことは除去しておきたいという想いがあると思います。また、容姿が大切な芸能人ですからメガネはかけられない、でもコンタクトは目に負担が掛かるという理由もあるでしょう。

スポーツ選手にとって視力が大切なことは言わずもがなです。特にスポーツ選手はピークが短いので、活躍できる時期に懸念事項を払拭して、自分の力を出し切ることに専念できるのは大きいですね。

タグ