レーシック の 手術方法 (2)

レーシック の 手術方法 (2)

視力回復に効果のあるレーシックの手術方法には、ケラトーム、イントラレーシックが有名ですが、その他にもいくつかの方法があります。自分にピッタリのレーシック手術法を見つけてみましょう。

『エピレーシック』

エピレーシックは、エピケラトームという機器を使用し、約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作るところが、通常のレーシックと異なる点です。
強い衝撃があってもフラップがずれにくいことが利点ですが、痛みがあり、保護用のコンタクトを数日間装用しなければならない、通常のレーシックに比べて角膜混濁が起こりやすいなど、デメリットもあります。医師の技量がより一層問われる手術法といえそうです。

『ラセック』

ラセックは、角膜を切り取らずに、角膜上皮をアルコールにつけて、柔らかくなったその部分をフラップとして利用します。
角膜上皮のみのフラップは数日で再生するので、目の衝撃にも強く、スポーツ選手など激しい運動をする人におすすめの手術法です。こちらも医師の技量が問われる方法といえそうです。


レーシックの技術は少しずつ進歩しているので、今後より精度と安全性の高い手術法が生み出されるかもしれませんね。

なお、レーシックによって得られた視力は、眼鏡やコンタクトレンズによって矯正できていた視力を下回ることはあっても上回ることはありません。

そのため、今の眼鏡やコンタクトよりよく見えるようにしたいと思う場合は適さないかもしれません。(その場合は、メガネやコンタクトの度をあげられないかを検討すべきでしょう)

タグ